読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごはんと おでかけと 趣味嗜好

思い出のおすそ分け

【スポンサーリンク】

うな丼がなんと500円‼ 北新地 宇奈ととへ行ってみた

ごはん 大阪

f:id:ponaza:20161220161453j:plain

夏元気をつけたいときのイメージのうなぎですが、私は年中食べたいです。だって美味しいじゃないですか。魚(うなぎは魚類ですよ)にもかかわらず、この旨味と油の美味しさは他のなにものにも代えがたいですよね。好きすぎてうなぎのタレと山椒だけで白ご飯たべれます(もはやうなぎではない!)。最近は値段が高騰して高嶺の花になっていたうなぎがこの2016年でもワンコイン500円で提供している脅威のお店に行ってきました。

 北新地でも東側です。淀屋橋から橋を渡ってすぐです。

f:id:ponaza:20161220162437j:plain

看板にもでっかく500円の文字が。やはり値段が売りなんですね。お弁当も同じ値段でやっています。ポスターやら看板やらちょっとごちゃごちゃですw

ランチの後半に行ったのですでに満員かと思いきや、一席だけ空いていたので奥に通されました。カウンターのみ、10席ちょっとですので、混雑時は大人数での訪問は難しいです。さすがに満席状態で内観は撮れませんでした…

f:id:ponaza:20161220164903j:plain

メニューはこんな感じです。ワンコインうな丼だけでなく、のせるうなぎの大きさによって値段があがるようです。ただし、下に小さく「当店はグラムで管理しておりますので大きさが異なる場合がございます。」と。つまり、時価にしないかわりに、仕入れ値によって同じ500円でも大きさが異なるんでしょう。市場価格が安ければ大きくなるし高ければ小さくなる。為替みたいですねぇ…

f:id:ponaza:20161220170554j:plain

なお、肝吸いをたのむと、小鉢が半額になります。後で紹介しますがお新香は卓上に柴漬けがあるので必要ないかなと…とろろ、温玉はありですね。ポテサラはあわないでしょう…

私は500円のうな丼と肝吸いを注文!丼だけのお客さんには「お汁はいいですか?」と聞いていたので、やはりサイドメニューで元を取ってるんでしょう。そりゃ500円丼ばっかり食べられたらきついわな(;・∀・)

さて、どんな大きさのうなぎが出てくるのか…注文が立て込んでいたので5分ちょっと待ちました。

f:id:ponaza:20161220165256j:plain

提供されたのがこちら!(メニューの上に置かれてしまった!どけろよ自分…)

白ご飯丸見えで、うな重をイメージするとかなりさみしいですが、500円という値段を考えたらまぁまぁの大きさはあるかな?

f:id:ponaza:20161220165554j:plain

肉厚!これはスーパーのうなぎでは無理ですねぇ。ただ箸で切れるような柔らかさではありません。では、いただきます!!

まず、ぶりんっ!っとした弾力のある質感。これはこれでありかなー。焼き目の香ばしさはお店ならでは。鼻から香りが抜けてタレと油の旨みがまったりと広がります。おいしい、おいしい、うん、全然おいしい!!!

肝吸いは、いたって普通です。しっかりしたうなぎの味をかき消さないお吸い物が合います。

f:id:ponaza:20161220170138j:plain

ご飯も深く入っていますが、うなぎの濃いうまみとタレがおいしくて、米があまるみたいなことはありません。ちょうどいいバランスでした。なんかカレーのライスとルーのバランスみたいですが。500円より大きいランクだと、1:1以上にうなぎを楽しめますね。

卓上には山椒、七味、追加のタレ、隣に柴漬けがありました。

f:id:ponaza:20161220170501j:plain

うなぎに山椒は無敵の組み合わせですね。あー濃厚な味にさわやかな香りが最高でした。豚汁もやってるみたいですが、うなぎに豚…サイドメニューのラインナップからしても、食べ合わせはさほど考えていないのかな?

ま、おいしく完食ー(/・ω・)/

まとめ

500円うな丼はありです!お腹がいっぱいなるボリュームではないですが、牛丼に100円足す程度でうなぎが手軽に食べられるのは素晴らしい。カウンターなので回転も速いですし、ゆっくり食べることろではありませんが、簡単にうなぎを味わいたいときには十分におすすめです!

最後に、次回使える赤だし券をもらいました。

広告を非表示にする

【スポンサーリンク】