読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごはんと おでかけと 趣味嗜好

思い出のおすそ分け

【スポンサーリンク】

湯快のゆ 朝食バイキング 580円でおなかいっぱいになってきた

ごはん モーニング バイキング・ビュッフェ 大阪

f:id:ponaza:20161211150741g:plain

天然温泉宿1泊2食付で7800円から楽しめる湯快リゾートグループが日帰り温泉をやっているのが湯快のゆです。まだ大阪の郊外である門真、寝屋川の2店舗しかないのですが、値段の割になかなかサービスは充実しています。温泉ももちろん気持ちいいのですが、ほかのスーパー銭湯と違うのはバイキングがあるところ。湯快リゾートのノウハウとメソッドが生きているのでしょう。しかも朝食バイキングがなんと平日480円、土日祝でも580円とあのCOCO'Sをも下回る激安ぶりでしたので、早起きしていってきました!(残念ながら2016.12.18で朝食バイキング終了だそうです…)

※他のお客さんがいっぱいいたので写真はあまりとれませんでした( ;∀;)

 とりあえず写真をどーん

f:id:ponaza:20161218224905j:plain

おいしく盛り付けた写真でつないでしましましたが、これ1巡目です。ではバイキングの仕組みと内容を説明しますね。

食券をゲット

入館券も食券もすべて券売機です。朝風呂でがっつり汗を出して、お腹を空かせて挑むと最高の休日をスタートできます。食券はフロア担当のスタッフに渡すと、札を渡されます。この札に大人、小人、幼児、の人数を書いてもらいテーブル立てておく仕組み。バイキング以外のメニューもあるので区別するためのようですが、食べ終わった後食器を返すときに、札も返さないと意味が無いと思うのですが、多くのテーブルでそのまま置きっぱなしになっていたので、あまり意味をなしていない気も…(だからって勝手に食べちゃダメですよ!)ま、そんな感じでバイキングスタートです。

メニュー

写真が撮れなかったので、覚えている限りメニューを書いていきますね。忘れてたり、多少間違っているかもしれませんが、ご容赦を!

☆和
  • ごはんバイキングにたまにある壊滅的にまずい米…ではありません!特別おいしいわけでもありませんが、ファストフードでもふつうに食べられる私の味覚では、おいしかったです。石川県のお米でブランド名は忘れました。笑
  • お茶づけ…梅、あられ、きざみのり、わさび、みつば、が置いてあって出汁をポットから注ぐ仕組み。そして、鳥のほぐし身がある!これだけでごちそうに。出汁はそんなだったけど、トッピングがたくさんあるので豪華にみえる!

f:id:ponaza:20161211165857j:plain

 

  • しゃぶしゃぶ野菜…本当にしゃぶしゃぶに入れそうな野菜をラーメンをゆでるようなざるに入れてしゃぶしゃぶする。でも誰もとってなかった…まぁ野菜だけじゃね(-ω-)
  • 湯豆腐…醤油ではなく湯豆腐のタレがあることがポイント。ゴマがすごく香り高くておいしい。青ネギもおいてくれているところが、ポイント高い。
  • 鯖の味噌煮…優しい味噌の味で柔らかくておいしい。臭みもない。
  • 鮭の西京焼き…味噌の味はあまりせず、普通においしい鮭。パサパサ系ではないので、西京焼きになっているよう。
  • (野菜の炊いたやつ)…もう一品あったけど思い出せませんでした…
  • 味噌汁…ひどいところは牛丼屋にあるボタンポチっとするやつなんだけど、ここはちゃんと出汁の味もするしおいしかった。トッピング?具?も乾燥ではなく、わかめと、白ネギがありました。
  • のり、納豆…そのまんまです。
☆洋
  • パン…メインは重要です。クロワッサンとチョコデニッシュの2種類だけなのが残念ですが、となりの大きなオーブンで焼いたものを出しているので、近所のパン屋さんぐらいのレベル。並べている間も暖かくできるライトがついているので冷めて硬くなっているとかはなく、サクサクの食感でした。ただトースターはないので本当のアツアツを食べたい場合はできたてに合わせてとるしかないですね。混んでいるときは一時的になくなることもありましたが、どんどん焼いているので少し待てば大丈夫です。
  • フライドポテト…どこでも食べれるのにどうしても少し食べてしまう憎いやつ。マックのような細いタイプ。家で揚げたような感じで、あんまりカリッっとしてなくて、ちょっと重かった…
  • トマトハンバーグ…手作りではないだろうけど、冷凍食品ぽさもあまりなく、そこそこいける。薄味でトマトが強くないので食べやすい。
  • スクランブルエッグ…もうちょっとトロトロ系であったらいいんだけど、ぼてっっと重たいたまご。ホテルの朝食のレベルは無理か…でもたまごなので無難な味。
  • ウインナー…そのまんまでした!笑
  • コーンポタージュ…ドリンクバーの偽物コンポタではありませんよ。ちゃんと鍋に入ってるやつです。そんな味です。
  • カレーバイキングで食べるとおなかが膨れる食べ物No.1、でも食べたい食べ物No.1なカレーです。カレーの力の入れようはバイキング全体のクオリティに比例すると勝手に思ってます。ここのカレーの印象は上品なレトルト。お金を出して外で食べるときのレトルトをちょっと手作りでアレンジした感じ。サービスエリアとかで食べるあれをベースにちゃんと肉と玉ねぎがしっかり煮込まれています。甘味がありながら決して子供向けではなく深みもあって、おいしい。決してカレー屋さんの味ではありませんが家庭の味でもないんです。だっておかわりしたぐらいだから。笑 つまりはおいしかった!!

f:id:ponaza:20161211170320j:plain

☆サラダ
  • ニンジン、玉ねぎスライス、ブロッコリー、コーン、ポテトサラダ…ドレッシングは数種類ありました。キャベツやレタスの葉物がないのが残念。最近野菜が高騰しているので出せないんでしょうかね。
☆ドリンク

野菜ジュース、牛乳、一応豆から挽くコーヒーマシン、ドリンクバーマシン

☆デザート
  • ゼリー、ライチ…この値段ならあるだけましですね^^

 

といったラインナップでした!ここでもう一度

f:id:ponaza:20161218224905j:plain

はい、おいしそうー(/・ω・)/

 

座席

今回行ったのは門真店だったのですが、座席間隔は狭めです。テーブル席のほうはそうでもないのですが、座敷のほうがかなりきついです。まぁ仕方ないと思いますが、ファミレスの通路の間にも席があるぐらいの密度でした。ちょっと通るとき危ないですね。ただし、テーブル席のほうはバイキングフロアと繋がっていて騒がしいので、ゆっくり食べたい方は照明が少し暗いですが座敷がいいと思いました。

気になったのは、フロア担当の学生バイトっぽい女の子。足りなくなった料理を厨房に叫んで伝えるという(笑)方法で頑張っていたので、まぁ雰囲気はあんまり(-ω-) 「たまねぎ!ニンジンありますかー!!!? あ、あとポテトー!!!!!( ゚д゚)/」ってフロアにまる聞こえで…たくさんある料理をてきぱき補充してくれていて頑張っている様子でしたが、まぁそこまでの教育やオペレーションの改善を望むのは贅沢ですかね…

まとめ

朝食は10時半までなので、温泉にはいってブランチでお腹いっぱいになって、館内のマンガコーナーでのんびりくつろいで、まだお昼すぎじゃないか!!(; ・`д・´) という素敵な休日がすごせます。温泉に入る入館料含めても1500円しません!すばらしい!

ランチ、ディナーも値段上がりますがバイキングやってます。メニューも飽きないように期間ごとに変えているようで、予告が貼ってありました。湯快リゾート系列なので最低限味の保証はされているようですし、コスパはわかりませんがどれもハズレではかなと思いますー。

料金などの変更もあると思うので、行く前には確認してくださいねー

おまけ

最近スーパー銭湯に行くようになり、家でもシャワーだけだった私がお湯に浸かるようになりました。やっぱり浸かるとそのあとも数時間はポカポカで暖かいんですよね。なので、温泉の素もチェックしています。笑

炭酸泉は健康にいいらしいですね。湯快のゆにもありました。

 

広告を非表示にする

【スポンサーリンク】