読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごはんと おでかけと 趣味嗜好

思い出のおすそ分け

【スポンサーリンク】

信州ぐるり一周旅 ~4日目最終日 相倉合掌造り集落 ・ 白川郷 ・ 永平寺 ~

おでかけ 岐阜

f:id:ponaza:20160702142836j:plain

旅もいよいよ最終日!

なかなか疲れもたまってきてますが、この日も時間の限り楽しみました。

 相倉合掌造り集落

朝一番で訪れたのがここ。白川郷が目的地でしたが、手前にもうひとつ有名なところがあるとのことで、来てみました。専用駐車場500円でした。

f:id:ponaza:20160702163619j:plain

朝の散歩です。

f:id:ponaza:20160702164450j:plain

高台までつきました。

f:id:ponaza:20160702164518j:plain

あんまりだったかも…笑

再び降りて、建物を見ていきます。

f:id:ponaza:20160702164621j:plain

こんな建物がたくさんあります。昔のまま時間が止まったようですね。

f:id:ponaza:20160702164732j:plain

この辺りの建物は実際に使われている(人が住んでいる)ようで、宿もありました。外国人の方が満足そうに出てくると丁寧な日本式のお見送りをされていて、さっそうと高級外車で帰っていきました。

f:id:ponaza:20160702164911j:plain

ポストもあります。ちょっとした町ですね。

 

お休み処。五箇山豆腐が売りのようです。

f:id:ponaza:20160702165000j:plain

 

プチ白川郷のような感じでしょうか。規模は小さめですが、のどかな雰囲気を楽しむ分には、いいところです。

 

白川郷

さすがにここは超有名スポットですね。私も名前だけは知っていました。

ひぐらしでさらに有名になったことは噂では聞きましたが。ここで詳しく紹介しています。

原作見てないので今回は特に気にせずぶらーっと見ました。

 

まずは展望台へ。

f:id:ponaza:20160702165504j:plain

一望できます。思っていたより広いんですね。この集落一帯が白川郷です。

 

さて降りてみましょう。

昼前についたのですが、車もいっぱいで別の臨時駐車場に案内されました。少し離れているので、はずれのほうから歩きます。

f:id:ponaza:20160702170024j:plain

建物は古いものを保存していますが、道路などはしっかりと整備されていてきれいでした。

f:id:ponaza:20160702170551j:plain

マンホールも白川郷デザイン。細かいですね。

f:id:ponaza:20160702170748j:plain

こんな感じの建物がそこかしこにあります。

貴重な建物だけに放水銃がおいてあります。いざというとき燃え移らないよう食い止めるのでしょうか。

f:id:ponaza:20160702172501j:plain

 

のどかな景色を眺めながらぶらぶら。

f:id:ponaza:20160702172625j:plain

いくつかの建物は中にも入れるようで、観光客が窓から顔をのぞかせていました。

 

こんな感じで集落をぐるっと一周して終了です。

 

昼食 次平

この辺りで食事をしようにもなかなか店も少なく困ります。つぎの永平寺に向かいつつ検索してヒットしたお店がこちら。オフィシャルHPもあります。次平ラーメンと元祖トロロステーキが気になり行ってみました。

f:id:ponaza:20160702185338j:plain

人気のない温泉街の近くにありました。

注文してほどなく、おなかも空いたところでご対面ー

f:id:ponaza:20160702191433j:plain

見た目だけでおいしいです。普段は醤油ラーメンは食べないのですが、せっかくお店自慢のメニューということで。あっさりした鶏ガラは見た目どおりの透明度。超シンプルですが、そのままのおいしさで、あっという間に完食でした。

友人はこちら

f:id:ponaza:20160702191946j:plain

元祖トロロステーキ。何が元祖かわかりませんが、とろろと卵を鉄板で焼いています。(ステーキといってもお肉はありません)とろろって焼くとこんな食感になるのか!という驚き。ふわとろでこれはご飯が進みます。

ごちそうさまーでした。

 

永平寺

車で2時間ほど走ったでしょうか。最後の目的地永平寺。残念ながら雨がきつくなってきましたが、この雨が風情をかもしだしてくれました。

 

到着。駐車場はありませんが、付近にコインパーキングは何か所もあるのでハイシーズンでも大丈夫そう。

f:id:ponaza:20160702192541j:plain

 

凛とした雰囲気が張り詰めます。

f:id:ponaza:20160702194848j:plain

 

参拝料は券売機に支払う方式なっていました。

f:id:ponaza:20160702194951j:plain

 

まずはお線香を…

f:id:ponaza:20160702201329j:plain

 

建物に入ると土足禁止の看板

f:id:ponaza:20160702201544j:plain

 

靴を脱いで最初に部屋に通され、お寺全体の説明を受けます。

f:id:ponaza:20160702201754j:plain

図を使いながら丁寧にお坊さんが解説してくれました。こんなところ初めて。いつも知識がないのでへぇーっと眺めるだけでしたが、教えてもらえると理解も深まります。(さすがに説明しているところは写真にとれません…)今までにはないほど参拝客に親切なお寺でした。

 

説明が終わると順に参拝していきます。

まずは大広間から

f:id:ponaza:20160702202019j:plain

 

天井には絵が描かれています。

f:id:ponaza:20160702202120j:plain

圧巻…

 

参拝順路が書かれており、建物のなかを順に巡ります。迷うこともなし。

f:id:ponaza:20160702202257j:plain

お坊さんとすれ違うことはありませんでしたが、参拝者が立ち入れないところは生活空間となっている模様。修行されていたり、掃除されていたりしていました。実際にお坊さんの生活をのぞかせていただいているような感覚です。

 

雨が降っていて、中庭(?)もより情緒的に。

f:id:ponaza:20160702202239j:plain

 

必要に応じて解説も書かれています。

f:id:ponaza:20160702202748j:plain

 

なにやら豪華な部屋も…

f:id:ponaza:20160702205016j:plain

 

5つか6つぐらい解説の書かれたところがありました。だいたいぐるっとまわって1時間程度だと思います。これほどお寺の中に入り込んで体験できるところはないのでしょうか。ぜひ機会があれば体験していただきたいと思います。おすすめです。

 

順路の最後には旅行会社が協力して作った飛騨地方のVTRが。これがなかなかしっかりしていてついつい全部見てしまいました。ふつーに面白かったです。

f:id:ponaza:20160702210623j:plain

 

これにて目的地は全部終了‼ 大阪まで数時間車を走らせて無事解散。

 

おまけ

最後は滋賀を通って大阪に戻ったので、近江ちゃんぽんを。

f:id:ponaza:20160702214628j:plain

 ちなみに、福井方面から大阪に戻る場合、琵琶湖は湖東を抜けるルートがおすすめです。また琵琶湖から大阪に戻るときは、京都を抜けるよりも石山から山道を抜けて枚方に出るとかなり早く帰れます。近畿に住んでる方は参考にしてください。

おわりに

これだけ行先を詰め込んでもまわれたのは、車中泊旅ならでわのメリットですね。GWで渋滞にはまったのも大王わさび農園ぐらいですし、交通費がガソリン代だけなので本当に安かった。正直運転はなかなかしんどかったですが、2人旅なので交代していれば大丈夫です。今回走破した1500kmはだいたい大阪から青森まで行ける距離らしく、がんばったなーなんて実感。この旅で車を走り納めにして売却する予定だったので、最後に本当にいい思い出をつくれました。

広告を非表示にする

【スポンサーリンク】