読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごはんと おでかけと 趣味嗜好

思い出のおすそ分け

【スポンサーリンク】

奈良 十津川村 秘境探検に行ってきた ~part2 野猿~

おでかけ 奈良

f:id:ponaza:20160530222753j:plain

十津川 秘境レポートpart2です。

part1を読んでいない方はこちらからどうぞ

野猿とは

 人力ロープウェイ「野猿(やえん)」十津川村特有の「人力ロープウェイ」。
両岸から川の上に張ったワイヤーロープで吊り下げられた「やかた」に乗り、自力で引き綱をたぐり寄せて進みます。猿が木のつるを伝って行く様子に似ている事からこの名がつけられました。

 これを見て、いい大人が乗ってみたい‼ と思ってしまった筆者ですw

だってアスレチックみたいだし! 子供とかいっぱいいて並んでたら、ちょっと大人としてやりにくいなぁ、早い時間に行かねば‼ とまで意気込んで大阪を朝6時半に出発したわけですよ。

そんな期待をもっていってまいりました!

意外と小さかった…

道路に「野猿↑」みたいな看板がぽつんとあるようなレベルで不安になりながら探していると、交互通行一車線のせまーい道の横にさりげなくある、それはまさに野猿

f:id:ponaza:20160530222753j:plain

 

え( ゚Д゚)

ってなりました。

 

車が一台停めてありましたが、河原で遊ぶファミリーでした。

道路が狭く路駐するのも困難ですが、河原のほうに道を降りたところに2台ぐらいは停められそうした。もちろん無料ですよ。

 

f:id:ponaza:20160530224814j:plain

一人乗りなんですね。そして狭くて小さい…

なんだか不安になる構造…

 

手前の柵的な木片を持ち上げいざ乗り込んだ友人はこんな感じ。

f:id:ponaza:20160530224949j:plain

大人の男性ではなかなかきついです。

 

ストッパーを外していざスタート!

下に見えるひもの部分を手繰り寄せて、野猿を進めていきます!

f:id:ponaza:20160530225108j:plain

 

当たり前ですが、すべて手動です。座った体制でひもをたどるのはなかなかハード(´Д`)

小さなお子さんでは軽いので多少はましでしょうが、力がかなりいると思います。

中腹まで来ると腕が悲鳴を上げ始めますw

 

下から渡っている姿を見るとなかなか画になるんですが、当人は必死ですw

f:id:ponaza:20160530225533j:plain

 

必至の思いで対岸まで行ってみましたが、そこには

f:id:ponaza:20160530225832j:plain

…なんもなかった。

帰りは力尽きて、かなり時間がかかりました…w

夏場は狭いしつらいしということで過酷なアトラクションになるので注意が必要ですw

 

まとめ

無料ですし、アトラクションにしては上出来だと思います!

ただし、かなり力がいることと、一度向こう側に向かうと戻らないといけないのでなかなかハードです><

大人のほうがはまりそうですね。自然も最高でした!

 

おまけ

 十津川村あたりは食事をするところがかなり限られます。釜飯屋さんが大きな看板を掲げている以外、喫茶店程度しかないので、そのつもりで訪れたほうがよさそうです。

帰ってから調べたら釜飯のお店は有名のようですね。

 

続きはこちら

ponaza.hatenablog.com

広告を非表示にする

【スポンサーリンク】